押し花とデザイナーについて

line

押し花について

誰しも、子どもの頃に一度位は、押し花を作ってみたことがあるではないでしょうか。
可憐に咲く花を見つけた時の嬉しい気持。それを大切な誰かにプレゼントするために、
そっと本の間に挟んでわくわくとできあがりを待ち望んだりしたものです。
そんな誰かにそっと伝えたい優しい気持を、押し花は届けてくれます。
 

MyPreciousの運営母体株式会社エイシアは、押し花用品の専門商社として
東急ハンズ・ユザワヤなどの大手量販店や、楽天市場でも販売をしています。
その長年培ったノウハウを生かし、独自の製法で防湿処理額装した押し花額は、
長い時間、その鮮やかな色をそのままに、家族の写真を彩ってくれます。
 

このお花たちの彩りは自然のままのもの。
色の変わりやすい緑を除き、ほとんどの押し花は着色加工は行っておりません。
押し花ブーケ額などでは彩色を施すこともありますが、
写真がすこしずつセピアになっていくように、押し花も徐々に色が変化していく…
このメモリアルフレームではそれが自然だと考えました。
時の流れを感じさせる色の変化も、押し花額の魅力の一つでもあるのです。

 

押し花デザイナーについて

 
YOHKO TAKANO
押し花デザイナー:高野陽子
くにたち押し花サークル主宰
株式会社エイシア代表取締役
 

幼少期より多くの犬・猫に囲まれて育つ。
○○年押し花の「    」に惹かれ、フラワーデザインの道に入る。
○○年株式会社エイシアを設立。
○○年より押し花コラージュの先駆者・押し花作家志村順子氏に師事。
○○年より国立市芸術小ホール事業「一芸塾」押し花講座の講師を担当。
現在、くにたち押し花サークル/ユザワヤ押し花講習会にて、
繊細な押し花コラージュの魅力と技法を伝える毎日。


●押し花ポートレイトは自然の素材をそのままに乾燥させた、繊細な押し花を使用しています。
全体的にはカタログのイメージに沿うようにデザイン致しますが、お預かりした写真に応じて、
使用花材、大きさ、輪数、デザインなどを デザイナーがお選び致しますので
まったく同じようには仕上がらない事があります。

●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により
実物と異なる場合がございます。画像はイメージですので予めご了承ください。